調律・メンテナンスなら日本ピアノホールディング株式会社
ピアノのための環境相談

ピアノの寿命を長く保つためには、適切な環境と定期的なお手入れや保守が大切です。お客様のピアノを長くご愛用されるのに参考にしてください。

設置場所

直射日光や冷暖房機器の直接あたらない場所がよいです。
ピアノのお部屋は温度15~25℃、湿度は40~60%が良い状態です。

保管状態

ピアノは木材やフェルト、皮など自然の素材をたくさん使って出来ています。
温度や湿度の変化が激しいと音の狂いが早く、結露の原因となり錆がでやすくなってしまいます。

保管状態
湿度対策

多すぎると鍵盤や内部のアクションの動きが悪くなったり、動かなくなったりします。
梅雨時期や夏の湿度の高い時期は特に気をつけてください。

扇風機で風の流れを作ったり、エアコンのドライや除湿機、乾燥剤を上手にご活用ください。

乾燥対策

特に冬場は乾燥が心配ですので、湿度が30%以下になってしまうような場合は塗装面のひびやアクションの不具合が起こります。加湿器の設置をお勧めします。

また、お部屋に観葉植物を置いたり、暖房の温度をあげすぎないなどで調整してください。

page top